>
>
>
一般診療所の数、最多は東京。では最も少ないのは?

一般診療所の数、最多は東京。では最も少ないのは?

一般診療所の数、最多は東京。では最も少ないのは?

厚生労働省が行っている調査に、全国にある病院・診療所などの医療施設の数や病床数を把握する「医療施設動態調査」があります。この調査によると、令和元年10月1日時点での医療施設の数は17万9,426軒。このうち一般診療所は10万2,616軒と非常に多く、今後開業する場合は、激しい患者確保争いは避けられない状況です。では、都道府県別に見た場合、最も競争が少なそうな場所、つまり診療所の数が少ないのはどこなのでしょうか?

一般診療所の数が最も多い都道府県について

『医療施設動態調査(令和元年 5月末概数)』では、「都道府県別にみた施設数及び病床数」もまとめています。まずは一般診療所の数が多い都道府県のTOP10をご紹介します。

一般診療所の数が最も多い都道府県グラフ

第1位
東京都
1万3,602軒
第2位
大阪府
8,503軒
第3位
神奈川県
6,800軒
第4位
愛知県
5,428軒
第5位
兵庫県
5,111軒
第6位
福岡県
4,714軒
第7位
埼玉県
4,355軒
第8位
千葉県
3,817軒
第9位
北海道
3,398軒
第10位
静岡県
2,728軒

日本で最も一般診療所の数が多いのはやはり東京都で1万3,602軒。一般診療所総数の約1割近くが東京にあるということです。ちなみに、東京都が行っている「平成30年医療施設(動態)調査」によると、一般診療所の約1万軒が23区に集中。特に多いのが世田谷区で、平成30年度は887軒。次いで港区の763軒となっています。

ランキングに話を戻すと、2位が大阪府、3位が神奈川県と大都市が順当に上位となっています。また、10位までの都道府県はいずれも人口数も上位。当然ですが、人口の多い地域は医療機関の数も多いというわけですね。

では、反対に「一般診療所の数が少ない」のはどの都道府県なのでしょうか? 同じく『医療施設動態調査(令和元年 5月末概数)』のデータを基に、一般診療所の数が少ない都道府県を以下にまとめてみました。

一般診療所の数が最も少ない都道府県について

一般診療所の数が最も少ない都道府県グラフ

第1位
鳥取県
499軒
第2位
高知県
548軒
第3位
福井県
573軒
第4位
佐賀県
692軒
第5位
山梨県
699軒
第6位
島根県
715軒
第7位
徳島県
725軒
第8位
富山県
758軒
第9位
秋田県
805軒
第10位
香川県
824軒

日本で最も一般診療所が少ないのは鳥取県で499軒。東京の1つの区よりも少ない数です。鳥取県は人口55万4,855人で日本最少ということもありますが、比例して医療機関の数も少なくなっています。また、2位の高知県以下も同様でいずれも人口が少ない都道府県です。

ただし、「施設数及び人口10万対施設数」で見た場合は、鳥取県は89.4で全国的に見てそこまで少なくありません。島根県も715軒しかありませんが、10万人当たりの一般診療所の数は106.1と、全国でも数少ない100を超えている県。「人口10万対施設数」が最少なのは、実は埼玉県。「令和元(2019)年 医療施設(動態)調査・病院報告」では59.6となっています。一般診療所の数は全国7番目ですが、人口で見ると一般診療所の数はそこまで多くないのです。

一般診療所の数が多い都道府県、少ない都道府県をご紹介しました。最多は東京都、最少は鳥取県となりましたが、上述のように鳥取県は人口も少ないため、一般診療所のニーズもそこまで高くありません。むしろ、人口当たりの医師の数が少ない埼玉県のほうが、狙い目といえるのかもしれません。

データ引用元

厚生労働省『医療施設動態調査(令和元年 5月末概数)』

厚生労働省『令和元(2019)年 医療施設(動態)調査・病院報告』

東京都『平成30年医療施設(動態)調査』

総務省統計局「人口推計の結果の概要」



関連記事

これからの患者満足度を実現する診療支援システムとは

これからの患者満足度を実現する診療支援システムとは

無医地区の現状とは

無医地区の現状とは

競争激化時代のクリニックにおける市場の捉え方・考え方

競争激化時代のクリニックにおける市場の捉え方・考え方

診療圏調査の見方と注意すべきポイント

診療圏調査の見方と注意すべきポイント