>
>
>
クリニックのホームページ制作の基本とポイント

クリニックのホームページ制作の基本とポイント

クリニックを開業するにあたり、ホームページを制作しない先生方はほとんどいないと思います。しかしながら、ホームページ制作費用は制作会社によって様々ですし、どんなホームページにすれば良いか、どこに重点を置けばよいか、分からない方も多いと思います。

ホームページの重要性

まずはホームページの重要性について、実際の患者さんのアンケート結果から見ていきます。

出所:カル―株式会社社内調査

現在インターネットが発達し、9割以上の方が受診前にホームページを閲覧すると回答しています。

また、Q2では閲覧する端末を聞いてみました。


出所:カル―株式会社社内調査

半数以上がスマートフォンから閲覧すると回答しています。

これによりホームページのスマホ対応は必須と言えます

出所:カル―株式会社社内調査

最後にページのどの情報を気にするかを聞いてみた結果です。

「診療時間」、「診療科目」、「アクセス・地図」はとても重要なことが分かります。

ホームページではこれらの項目を分かりやすい場所に、分かりやすく表示しましょう。

また、「診療予約」も50%以上の方が気にされています。

予約出来る方が、より患者さんを獲得できる可能性が高まると推測されます。

ホームページは、病院・クリニックの「看板」です。

患者さんに「看板」を見て来院してもらうためには、「スマホ対応」「十分な情報量」が必須で、「診療予約」があればベター、そのように理解していただくと良いでしょう。

良いホームページとは?

クリニックにおける良いホームページとはどんなホームページでしょうか?

弊社の考える良いホームページは、患者さんが見た際に受診したいと思えるホームページです。

そのためには、患者さんが知りたい情報を的確に伝える構成にすることが重要です。

デザインに凝りすぎても、コンテンツが多く重要な項目が分かりにくくなってもダメです。

ホームページを数字で評価する

前項で良いホームページは患者さんが見たときに受診したいと思えるホームページと説明しましたが、それらを「数字」で判断するのが大切です。

数字で判断するために、Google アナリティクスというツールを使います。

Google アナリティクスとは


Googleアナリティクスとは、Googleが提供するアクセス解析ツールです。

トラッキングコードと呼ばれるコードをページに埋め込むことで、サイトの様々な情報が分かります。

  • 「訪問者の年齢層」
  • 「今月のアクセス数はどれくらいか」
  • 「HP(ホームページ)にはどこ経由できたのか」

などです。

きちんと狙ったターゲット層がホームページにアクセスしているか確認しましょう。

CV数(コンバージョン数)とCVR(コンバージョン率)

Googleアナリティクスのコンバージョン>目標>概要で確認できます。

CV(コンバージョン)とはWebサイトにおける最終的な成果を指します。

CVR(コンバージョン率)はWebサイトへのアクセスのうち、コンバージョンに至った割合です。

医療機関であれば、コンバージョンは「ネット予約」や「電話」に当たります。

予約ボタンや電話のボタンにタグを埋め込むことで計測が可能となります。

これが計測できると、HP経由での実際の来院数に近い数字が確認できます。

また、CV(コンバージョン)に至った経路も確認できます。

CVRが高く、CV数の多いホームページは患者さんにとって良いホームページと言えるでしょう。

このように、ホームページの指標を理解しマーケティング戦略を立てることが現代の集患で有効になっています。

ホームページ制作をご検討中の方へ

ホームページは、作ることが目的ではなく、ホームページを活用し集患・増患につなげること、そして患者さん(潜在的患者さん候補)ともコミュニケーションツールとして活用することです。従いましてホームページ制作、またはリニューアルをご検討されている方は、制作の目的も含めて制作後の運営面もしっかり考えて事業者を選んで頂きたいと考えております。