>
>
>
アルメックスの医療費後払いシステム「Sma-pa CHECKOUT」とは?

アルメックスの医療費後払いシステム「Sma-pa CHECKOUT」とは?

アルメックスの医療費後払いシステム「Sma-pa-CHECKOUT」とは?

なり、院内が混雑してしまいます。そうした会計待ち解消で注目を集めているのが「医療費後払いシステム」です。今回は、スムーズな会計処理が特徴の医療費後払いシステム「Sma-pa CHECKOUT」を展開する「株式会社アルメックス(USEN-NEXT GROUP)」に、本システムの機能や、後払いシステムのメリット、そして課題などを伺いました。

診察後にそのまま帰宅できるシステム

「Sma-pa CHECKOUT」は、株式会社アルメックスが展開する総合受付システム「Sma-pa TERMINAL」の一機能です(「Sma-pa TERMINAL」以外にデスクトップ型の後払いシステム端末も取り揃えています)。患者さんは、専用アプリをスマートフォンにダウンロードし、クレジットカード情報など支払い方法を登録しておくだけでOK。後は診察前に専用端末で「後払い」を申告することで、決済(引き落とし)までの一連のスキームをシステムで自動処理します。

smpa-checkout-flow

具体的なフローは以下のようになっています。

1.診察受付

受付、または再来受付機で手続きを行います。

※患者登録があることが前提です

2.後払い登録

「Sma-pa TERMINAL」など後払い登録端末で「後払い登録」を行います。登録は、専用アプリに表示されるQRコードをスキャンするだけです。

3.診察

患者さんは診察後そのまま帰ることができます。ただし、処方せんについてはクリニックで受け取る必要があります。

4.会計

登録されたクレジットカードで自動的に決済が行われます。医療費額の領収書・明細書データは患者さんのスマホで確認可能です。

このように、会計処理が自動的に行われるため、会計待ちをする必要はなく、診察後はそのまま帰ることが可能なのです。

患者さん側、クリニック側のメリットは?

医療費後払いシステムのメリットはどんな点でしょうか? まず患者さんのメリットは、やはり会計を待つことなく、すぐに帰宅できることです。自動精算機も便利ですが、混雑する時間帯は順番待ちが発生することがあります。しかし、本システムならすぐに帰宅できるので、時間を有効に活用できます。

また、利用はクレジットカード情報を登録するだけで、口座引き落とし手続きのような面倒さはありません。診察当日に登録してすぐ使えるのも大きな特徴です。

smpa-checkout-image

一方、クリニック側のメリットとしては、まず「患者さんの院内滞在時間縮減」が挙げられます。新型コロナウイルス感染症の感染防止のために、できるだけ密な状況を作らないような工夫が求められていますが、会計待ちをなくすことは院内の混雑緩和につながります。待合室のいす不足や、駐車スペース不足の解消にも寄与します。

また、「スタッフの作業負担が軽減できる」のも、クリニックにとっては大きなポイントです。会計作業だけでなく、領収書や明細書の後日受渡しや発送業務などの付帯作業をなくすことができます。後払いの患者さんが増えれば増えるほど、スタッフの手間が減るので、その時間を他の業務に使う、スタッフを別の役割に回すなど、業務効率アップにもつながります。

アルメックスによると、他にも「Sma-pa CHECKOUT」を導入することで、

  • 時間外診療の支払いを後払いにすれば、預り金等の運用が不要になる
  • 医事課職員(診療費計算ができる人員)の当直が必須ではなくなる
  • 後日、診療費の連絡や未収金の督促、預り金の返却などが必要なくなる

といったクリニック側のメリットがあるとのことです。

便利な一方で課題も多い

メリットの多い後払いシステムですが、課題も少なくないそうです。例えば「後払い決済の1件当たりの手数料負担」。クレジットカード決済を行う上で手数料はどうしても避けられないため、手数料を払ってでも会計をスムーズにするかどうかの「取捨選択」が難しい点になります。

また、後払いシステム導入に際し、現行システムの改修や交換が求められる場合も考えられます。システム導入で患者動線を変更しないといけないケースもあるため、これもクリニック側にとっては課題だといえます。

手数料や動線の変更といった手間をかけても、患者さんにシステムを使ってもらえなければ意味がありません。アルメックスの担当者によると、こうした「利用率アップに向けての認知度向上」が課題になるとのこと。どのような形で患者さんに周知するのか、クリニックにも工夫が求められます。

幾つかの課題はあるものの、医療費後払いシステムは「会計待ちをせずにすぐに帰宅できる」という大きなメリットをもたらします。患者さんにとっては時間を節約できますし、クリニック側も混雑緩和やスタッフの作業効率アップにつながります。今回紹介した「Sma-paCHECKOUT」は、「使いやすさ」と「スムーズさ」が特徴のシステム。医療費後払いシステムの導入を考えている院長は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

株式会社 アルメックス 「医療費後払いシステム 「Sma-pa CHECKOUT」」

関連記事

レセプト総合支援サービス「レセスタ」

レセプト総合支援サービス「レセスタ」

定期健診のお知らせは今やLINEがデフォルト!LINE公式アカウント運用による変化は?

定期健診のお知らせは今やLINEがデフォルト!LINE公式アカウント運用による変化は?

新しい形の患者呼び出しシステム

新しい形の患者呼び出しシステム

医師を辞めたいと思う理由とは?

医師を辞めたいと思う理由とは?

医療現場エピソードピックアップ

家族経営の裏側とは? スタッフたちの本音と実態

家族経営の裏側とは?スタッフたちの本音と実態

医療事務員として、プロの心構え

医療事務員として、プロの心構え

スタッフを定着させることの大切さ

スタッフを定着させることの大切さ

看護師に好かれる一般科ドクターの特徴