>
>
>
クリニックにふさわしい観葉植物とは

クリニックにふさわしい観葉植物とは

観葉植物は室内の雰囲気向上に欠かせない大切なインテリアです。開業した際には、待合室だけでなく、診察室内にも置きたいと考えている人も多いでしょう。とはいえ、観葉植物の種類は非常に多く、何を選べばいいのか迷いがち。そこで今回は、「クリニックにふさわしい観葉植物」について、観葉植物のレンタル・販売を行っている「株式会社グッドグリーン」の上垣宏貴さんにお話を伺いました。

クリニックにお薦めの観葉植物は?

――クリニックなど医療機関に観葉植物を置く場合は、どのような植物を置くといいのでしょうか?

実際に観葉植物をレンタルしていただいているクリニックさんを参考にすると、まず機能的な面にフォーカスして選ばれる方と、デザイン的な部分を優先して選ぶ方の大きく2通りがあります。

機能的な面というのは、例えばマイナスイオンなど植物そのものが発する効果のほか、場所を広く取れない場合はスリムなタイプを選ぶといった、植物の高さや大きさも関係します。クリニックさんの場合、待合室に置かれることが多いのですが、その場合は光が差し込まない場所であることが多く、光の差さない場所でも問題ない植物を選ぶという人もいますね。

――デザインという側面ではどんなタイプが多いのでしょうか?

デザインを優先される場合は、皆さんがどこかで見たことがあるような、ポピュラーな植物を選ばれるケースが多く見られます。また、風水的な意味合いで、「縁起がいい」とされる色や形を優先する方もいます。

――実際、人気のある観葉植物の種類を教えてください。

ポピュラーな観葉植物では「ポトス」や「パキラ」が特に人気です。これらは名前を知っている人が多いですし、目にする機会も多いため、選ばれるクリニックも多いですね。

ポトス

パキラ

また、風水を気にされる方が多く選ばれているのは「ユッカ」や「サンセベリア」です。また、「幸福の木」と呼ばれている「マッサンゲアナ」も、指名されることの多い人気の観葉植物です。

ユッカ

サンセベリア

マッサンゲアナ

――クリニックに置くと考えた場合、特にお薦めの観葉植物は何でしょうか?

置く場所や明るさ、室内のテイストによって適した観葉植物は変わりますが、基本的に室内なので光量が取れない場合がほとんどだと思います。その場合は、「サンセベリア」と「ポトス」でしょうか。マイナスイオンなど環境に与える効果だけでなく、水さえ与えれば育つ手軽さもポイントです。特にサンセベリアは1カ月に一度しっかりと水を与えてやれば大丈夫なほどです。

また、美容外科など、訪れる患者さんの女性比率が高い場合は、女性に人気のある植物を提案することが多いですね。例えば、一般的に「ゴムの木」と呼ばれるフィカス属はカフェに置かれることが多い人気の観葉植物で、特に「ベンガレンシス」や「アルテシマ」といったインテリア性・デザイン性の高いものは、私どもも提案することの多い植物です。

ベンガレンシス

アルテシマ

観葉植物の導入コストは?

――観葉植物を選ぶ場合、やはりコストも気になるところですが、実際どのくらいの費用が必要になるのでしょうか?

ホームセンターなどで観葉植物を買ってくる場合、ある程度の大きさのものなら安くても数千円、高いものなら数万円という値段になるでしょう。ただ、「買うのはちょっと……」という人もいますので、弊社のように、レンタルという形で観葉植物を提供している業者もいます。

レンタル費用は大きさにもよりますが、だいたい人の背丈ほどの大きさで月2,500~3,000円くらいの価格で提供しています。1メートルほどのサイズや、小鉢サイズなら月1,000~1,500円くらいの価格帯になります。

――実際、レンタルの形で利用するクリニックも多いのでしょうか?

レンタルの場合は、観葉植物のメンテナンスもセットになっているケースが多いので、維持するための手間を考えて、レンタルにする方は多いですね。種類にもよりますが、観葉植物は管理が難しいものも多く、枯らしてしまったり、手入れしないことで形が変わってしまったりすることも珍しくありません。そうなると美観を損ね、観葉植物を置く意味がなくなります。

――レンタルの場合はアフターケアもしてくれるのが利点なのですね。

ほかにも、業者にもよりますが、3カ月に1回など、定期的に観葉植物を無料交換できるのもレンタルのメリットです。季節に合わせて変えるといった利用をされているクリニックさんもありますね。観葉植物を置く場合は、双方のコストを比べて、買い切りかレンタルにするかを選ぶといいと思います。

――定期的に観葉植物が変わると、患者さんも新鮮な気持ちになるかもしれませんね。ありがとうございました!

株式会社グッドグリーンの上垣宏貴さんに、「クリニックにふさわしい観葉植物」や「観葉植物の導入コスト」について解説していただきました。見る者の心を落ち着かせ、和らげてくれる観葉植物はクリニックには必要不可欠といえます。今回挙がった植物の名前や導入コストを参考に、自分のクリニックにふさわしい観葉植物を選んでみてはいかがでしょうか。

取材協力:観葉植物のレンタル・リース「GOOD GREEN」

https://goodgreen.jp/