>
>
>
「自動精算機」を利用した時間効率アップ

「自動精算機」を利用した時間効率アップ

新型コロナウイルスのパンデミックで「三密を避けよう」が日常生活でも一般的になりました。コンビニのレジなどでも釣り銭・レシートの受け渡しを必ずトレーに置いて行うなどのマナーが採用されています。

この流れは医療の現場でも起こっており、そのため大病院だけではなく診療所でも「自動精算機」を導入するところが増えているのです。では「自動精算機」の導入のメリットとはどのようなものでしょうか。

スタッフの心理的・業務的にも負担軽減、清算業務のミスを防ぐ

医事システム・レセコンで診療点数の計算が終わると、そのデータが「自動精算機」の方へ送信され、患者さんが「自分でお金を入れる」「クレジットカードで決済する」などの精算を行うことが可能です。

そのため、スタッフ・医師はレセコン側の作業が終わり、処方せんを患者さんに渡せば、基本、診療台の精算業務を行う必要はありません(『厚生労働省』によって処方せんには押印作業が必要となっているので自動精算機から印刷することができない)※。

お金の受け渡しによる「感染拡大を防ぐ」というメリットがあるのはもちろんですが、クリニックには「自動精算機」の導入によって、

  • 精算業務に関わるスタッフの心理的・物理的負担を軽減できる
  • 精算業務のミスを防ぐ

というメリットが得られます。これは「自動精算機」のベンダーに伺ったのですが、

  • 釣り銭間違いは確実に減る

とのこと。「あれ、入金と残金が合わないぞ」といったことを防げるわけです。

また患者さんにとっても、

  • 精算待ちの時間の短縮

というメリットがあります。患者さん・クリニックの双方にとって時間短縮のメリットは大きなものです。クリニックではその浮いた時間を他のより重要な仕事に向け、医療の質の向上を図ることが可能です。

※「自動精算機」の種類によってできること、できないことがあります。導入の際には自分のクリニックに必要な機能が実装されているかを確認してください。

イヤな話ですが「自動精算機」導入の大きなメリットは……

非常にイヤな話かもしれませんが、医師・クリニック院長にとっての大きなメリットの一つは「邪な考えを持つスタッフ・関係者による診療代金の詐取」を防げることです。

ラーメン店や飲食チェーンでも「券売機」を導入しているところがありますが、あの券売機にも実は同様の意味があります。店長が鍵を持ち、お金については全て券売機の出納に任せてスタッフには触らせないようにしているのです。

出納のログデータは機器から打ち出せますから、入金とデータが合っているかどうかはすぐに分かります。

ただし、POSレジ型の自動精算機ではスタッフの手を借りないお金の受け渡しができないこともあります。ですので、ラーメン店の券売機のように「出納をしっかり自身のみの手で管理したい」という場合には、それができる機器を選択しなければなりません。

例えば『クリニックキオスク』は、比較的小規模なクリニックでも導入でき、「お金のちょろまかし」(下品な言葉で申し訳ありません)ができない、この機器内だけでお金の管理ができる「自動精算機」の一つです。

現在医療現場では慢性的な人手不足です。正直スタッフの質が下がってきたな、と考えていらっしゃる医師・クリニック院長は多いのではないでしょうか。スタッフを信じるのは当然のことですが、万が一にも診療代金の詐取といったことが起こらないよう「自動精算機」を導入する、というのもアリな考え方なのです。

「自動精算機」導入の際に忘れがちなこと

診療代金の回収はクリニックの経営にとっては最重要な部分といってもいいでしょう。その重要なパートを担う「自動精算機」は導入に値するシステムです。ただし、導入によって増える仕事もあります。

釣り銭の用意や「自動精算機」の保守業務です。特に釣り銭の用意は忘れがちです。自動精算機に釣り銭がなくなると患者さんが精算できません。これをどうするかは考えておかなければなりません。

また、気を付けたいのは、自動精算機を導入しても結局、スタッフが患者さんへの説明に煩わされ、かえって時間を取られてしまった、といったケースです。クリニックに導入する「自動精算機」が患者さんにとって分かりやすいか、操作しやすいかも十分にチェックすることをお薦めします。

上記のとおり、「自動精算機」はたとえ小規模なクリニックであっても導入する意義は十分にあります。繰り返しになりますが、スタッフの心理的・物理的な負担を軽減し、クリニックの医療の質を向上させることができます。また、精算業務から人的資源の関わりを極力なくせば医師・クリニック院長の心配事も減るでしょう。