>
>
>
WEB問診導入のメリット・デメリットとは

WEB問診導入のメリット・デメリットとは

WEB問診導入のメリット・デメリットとは

「診察の前に患者さんに問診票の記入をしてもらう」というクリニックは多いでしょう。看護師がルーティンとして問診票を作成するのも一般的です。しかし、この作業をWeb上で行えれば、患者さん・クリニック双方の作業が軽減されます。今回は、この「Web問診」についてご紹介します。

Web問診システムとは

診察に役立つような「問診」を医師・スタッフに代わって行うのが「Web問診」システムです。問診票はインターネット上のサイト(あるいはアプリ)にあります。患者さんはそこにアクセスし、アンケートに答える要領で問診票に記入します。つまり、インターネット接続できるスマホがあれば、患者さんはいつでも自分の空き時間に問診票に記入できるのです。クリニックの待合で行うことも可能ですが、患者さんが診療予約をする際にWeb問診を行えば、待合にいる時間も短縮できて一石二鳥です。

Web問診を導入することのメリット・デメリットを挙げてみます。まずはクリニックにとってのメリット・デメリットです。

クリニック側のメリット

受付スタッフの作業時間の軽減

受付スタッフの作業時間の軽減

患者さんが1人で質問に答え、自分で問診票に入力してくれますので、受付スタッフの労力を軽減できます。また、患者さんの書いた字が読めないなどがあるとカルテへの転記作業に時間がかかりますが、Web問診ではそのような問題は起こりません。

紙の問診票より、症状によって多くのことが聞ける

紙の問診票の場合、どうしてもスペースや枚数の制限があります。そのため患者さんにできる質問も限られます。しかし、Web問診なら症状別で深掘りした質問を設定し、聞くことが可能です。

診療効率が上がり、多くの患者さんを診ることができる

診療効率が上がり、多くの患者さんを診ることができる イメージ

深掘りした質問が行え、かつ転記する手間が要りませんので、診療効率が上がりより多くの患者さんを診られます。

クリニック側のデメリット

導入するとかえって手間が増える可能性がある

患者さんがITデバイスに不慣れな場合、操作の仕方を受付スタッフに質問するなどし、かえってクリニック側の手間が増える可能性があります。そのため、導入に際しては、ユーザーインターフェースが分かりやすく、誰でも操作できるようにデザインされたWeb問診システムを選択しなければなりません。

ホームページの改修などが必要

クリニックのホームページ内などにWeb問診を受け付ける旨を告知する、Web問診ページへのリンクを貼るといった改修が必要になります。また、Web問診と電子カルテ・診療予約システムを連携させるといった作業が必要になるケースもあります。

運用コストが発生する

Web問診システムを導入するための費用がかかります。また、慣れるまでは紙の問診票とWeb問診の併用になる可能性があります。

次に患者さんにとってのメリット・デメリットです。

患者さんのメリット

院内の待ち時間軽減

クリニックに足を運ぶ前にWeb問診を行っておけば、その分の時間を軽減できます。クリニックの待合でWeb問診を行う場合でも、クリニック側のカルテへの転記作業がないためその分は患者さんの待ち時間が減ります。Web問診を導入すれば、総じて患者さんの待ち時間を軽減することが可能なのです。

紙よりも簡単に答えやすい

普段使用しているスマホ(タブレット・PC)で回答できるので患者さんは入力・回答を簡単に行えます。また、症状に即した質問が表示されるので、患者さんにとってはより問診に答えやすいのです。

患者さんのデメリット

ITデバイスの操作に不慣れな人にはかえってハードルが高く、問診票の作成に時間がかかってしまうかもしれません。

まとめ

Web問診システムを導入すると、患者さんが最も気にする「待ち時間」を軽減する効果が期待できます。クリニック側にも、受付スタッフの問診票作成に費やす時間が減る、カルテへの転記作業がなくなるといったメリットがあります。つまり、医療現場の効率を上げてくれるわけです。ただし、導入費用、運用費がかかりますので、コスト等を一考の上、導入するかどうかを判断してください。

関連記事

医療特化型予約管理システム 「メディカル革命 byGMO」 の機能特徴について

医療特化型予約管理システム 「メディカル革命 byGMO」 の機能・特徴について

医療現場におけるデジタル化の事例紹介

医療現場におけるデジタル化の事例紹介

時間短縮の鍵。ICT導入で患者満足度を上げる医療現場

時間短縮の鍵。ICT導入で患者満足度を上げる医療現場

診療をスピードアップさせるにはどうすればいい?

診療をスピードアップさせる工夫とは?