>
>
>
専攻医(旧後期研修医)の年収はどのくらい?初期研修医との違いは?

専攻医(旧後期研修医)の年収はどのくらい?初期研修医との違いは?

専攻医(旧後期研修医)の年収はどのくらい?初期研修医との違いは?

医者が一人前になるまでには、医学生時代を含めたくさんの研鑽を積むことが必要です。通常の学部とは異なり、医学部は6年制であるだけでなく、大学卒業後もすぐに開業できるわけではなく、まずは「研修医」としてキャリアをスタートさせることが必要です。今回はこの「研修医」期間後半に該当する「専攻医」について解説していきます。

専攻医(旧後期研修医)とは?

医者が専門医として認定されるためには、大学卒業後、3年以上の専門研修を受けたうえで、専門医資格を取得する必要があります。専門研修中の医者は「研修医」と呼ばれ、研修医は「初期研修医」「後期研修医」に分類されますが、近年では、「後期研修医」は「専攻医」と呼ばれるようになりました。

なぜ、後期研修医のみを「専攻医」と呼ぶかと言うと、2年間の初期臨床研修を終え、専門の診療科へ進んだ3年目以降の研修医となれば、専門性が高く、病院にとっては貴重な戦力となるからです。初期研修では、医師の基本を学ぶため、内科から産婦人科までさまざまな診療科をローテーションしながら研修をおこないますが、後期研修は、基本的には将来自分が進みたい診療科で研修を受けます。そのため、専門分野の知識にも技術にも磨きがかかり、医者としての心構えも確固としたものになっていくのです。

専攻医の年収はどのくらい?

専攻医は立派な即戦力たりうるということは、年収も一人前なのでしょうか? 実際のところ、専攻医の年収は、初期研修医と比べるとぐっとアップします。初期研修医の月収の水準は約20万円とされますが、大学病院などでは、その額に達していないこともしばしばあります。これに対して専攻医の給料はというと、年収にして約650万円から850万円。医学部以外の学科を卒業した社会人が得られる初任給と比較すると、だいぶ高いと感じる人も多いことでしょう。

専攻医はアルバイトすればもっと稼げる? どんなアルバイトがある?

しかし、専攻医の中には、年収がこの金額を遥かに上回る人もたくさんいます。それはなぜかというと、専攻医は初期研修医とは違ってアルバイトをすることが可能だからです。ただし、許可されるのはあくまでも「本業に支障が出ない範囲でのみ」。兼業OKと認められた暁には、勤務先である病院やクリニック以外の医療機関で働くことができます。これを「外勤」と呼びますが、専攻医時代に外勤することによって、大学時代の奨学金を返済する専攻医もいます。

アルバイトの募集はインターネットなどで探すこともできますが、周囲から当直のアルバイトなどを頼まれることもあります。給与が高いアルバイト先を見つけたいなら、都心を離れて地方まで通うのが得策です。首都圏や関西圏の都市部は、病院も開業医の数も多いため、給与のベースが低くなる傾向にある一方、交通が不便な地方は給与が高い傾向にあるためです。どのくらいの差があるのかは、一度、インターネットの求人サイトなどで比較してみるとよくわかるでしょう。

専攻医がアルバイトする際、注意すべき点とは?

先に述べた通り、専攻医が本業に支障が出ない範囲でアルバイトすることには何の問題もありません。ただし、「本業の仕事に遅刻してはいけない」などの基本的なことだけではありません。アルバイトの中には夜勤や当直もあるので、昼夜問わず働いたことで体調を崩したり仕事に集中できなくなったりといったことも考えられます。そうなると、専攻医としてしっかりと研鑽を積むことができないばかりか、場合によっては仕事仲間や患者に迷惑をかけてしまうこともありえます。そうした事態に陥らないよう、医師としての心構えはきちんと持つよう心がけましょう。

アルバイトするにあたってもうひとつ気を付けたいのが確定申告です。副業で得た収入が年間20万円を超えると確定申告が必要となるので、忘れずに申告しましょう。期日までに申告しなければ、延滞税や加算税などのペナルティが課される場合もあるので、注意が必要です。

アルバイトをするなら将来を見据えて勉強できる先を選ぶのが◎!

専攻医時代のアルバイトで、学生時代の奨学金を全額返済したいと考える人もいるでしょう。そうなると、おのずと給与が高いかどうかで勤務先を選びがちですが、どうせアルバイトするなら、自分の身のためになる職場を選んではいかがでしょうか? できるだけ稼ぐことを第一に考えたいけど、医師としての可能性を拡げることも意識したいなら、交通が不便な地にまで足を運んで地域医療に貢献するのも一手。地方は医師不足であるというのは周知の事実ですが、実際に目の当たりにすることで、将来、自分が医師としてどんなふうに世の中に貢献できるかを考えるいい機会になるかもしれませんよ。

関連記事

「医者は儲かる」はホント?どのくらい稼ぐことができる?

「医者は儲かる」はホント?どのくらい稼ぐことができる?

医者が開業する年齢は平均すると何歳?適齢期は?

医者が開業する年齢は平均すると何歳?適齢期は?

医師退職時に必要な手続きとは?

医師退職時に必要な手続きとは?

医師の卵、研修医(レジデント)の年収はどのくらい?

医師の卵、研修医(レジデント)の年収はどのくらい?

医療現場エピソードピックアップ

家族経営の裏側とは? スタッフたちの本音と実態

家族経営の裏側とは?スタッフたちの本音と実態

医療事務員として、プロの心構え

医療事務員として、プロの心構え

スタッフを定着させることの大切さ

スタッフを定着させることの大切さ

看護師に好かれる一般科ドクターの特徴

看護師に好かれる一般科ドクターの特徴

看護師の仕事を長く続けるためには

看護師の仕事を長く続けるためには