>
>
>
小児科医のやりがいは?モチベーションを保つ秘訣は?

小児科医のやりがいは?モチベーションを保つ秘訣は?

小児科医のやりがいは? モチベーションを保つ秘訣は?
クリニック開業マニュアル無料ダウンロード

小児科医の仕事内容は?

小児科医のやりがいについて考える前に、まずは小児科医の仕事内容についてみていきましょう。小児科医は、乳幼児から15歳までの子どもの診察および治療をおこないます。診療における大きな特徴は、全身の病気に対応する必要があることです。小さな子どもがかかりがちな水疱瘡や麻疹などの疾患から、子どもならではの先天性疾患にまで診るため、幅広い知識が求められます。

また、どこがどんなふうに痛いのかなど、的確に説明できない子どもも多いため、同行の親から話を聞くだけでなく、子どもの表情やしぐさから不調の原因を読み取る洞察力も必要です。さらに、子どもの体重などに合わせて薬の処方を調整することも大切。なかには、顆粒が苦手な子もいるので、どんなタイプの薬なら飲めるかも確認したいところです。

小児科医の勤務先は?

小児科医は、病院やクリニックなどの医療機関で働くのが一般的です。勤務医として活躍した後、自院を開業した場合は、そのエリアに住んでいる子どもたちの健康サポートにも尽力することになります。風邪が流行している季節なら予防接種をおこなうこともありますし、時には親御さんに連れられてきた不登校児の心の健康サポートが求められることもあるでしょう。

小児科医のやりがいや楽しさは?

続いては本題である、小児科医のやりがいについてみていきます。小児科医のやりがいとしては、以下のようなことが考えられるでしょう。

子どもたちのうれしそうな顔を見ることができる

最初は不安な表情で親御さんに連れられてきた子どもが、治療によって少しでも楽になり、うれしそうな表情を見せてくれたときには、大きなやりがいを感じられるでしょう。

子どもたちに感謝される

「いつもありがとう」のお礼を言ってくれる子どももいれば、入院で長期間担当していた子どもに手紙をもらうことなどもあるでしょう。子どもたちから感謝されていることがわかると、さらによい医療を提供したいと、モチベーションも上がるに違いありません。

親御さんに感謝される

小児科医として働くうえでは、子どもだけでなく、その親御さんともコミュニケーションをとることが大切です。子どもたち同様、親御さんのうれしそうな顔をみることや、親御さんから感謝されることも、やりがいのひとつであることは間違いないでしょう。

子どもたちの成長を見守ることができる

開業医として地域の子どもたちの健康をサポートしているなら、長年通っている子どもたちの成長を見守ることができるのも、大きなやりがいを感じることのひとつでしょう。

幅広い疾患を診ることができる

風邪や怪我、先天性疾患など幅広い病気を診るため、知識を活かして活躍したい、知識やスキルを磨き続けるのが好きだという人にももってこいです。

社会貢献していることを実感できる

開業医になれば、学校医として活動する機会も多くなります。地域に暮らすたくさんの人と関わるため、社会貢献できていることを実感することも多くなるでしょう。

小児科医の仕事の大変なところは?

やりがいがたくさんある仕事ですが、反対に、大変だと感じることももちろんあるでしょう。具体的にはどんなことが考えられるかみていきましょう。

幅広い知識が必要である

乳幼児から15歳の子どもがかかる病気や怪我の治療法をすべて網羅しようと思ったら、相当な時間を要することは想像に難くありません。しかも、医療は日々進化し続けているため、常に新しい知識を吸収し続けることが必要です。

子どもが泣き止まない、どこが痛いか言ってくれない、などで困ることがある

症状をうまく伝えられない子どももいれば、とにかく怖くて泣き止まない子どももいます。子どもたちに安心感を与えながら的確な診療をおこなうことが大切ですが、いろんな性格の子どもがいるため、一筋縄ではいかないこともあるでしょう。

免疫力、抵抗力が少ない子どもの場合は特に注意が必要

大人に比べて体力がない子どもは、病気に対する免疫力や抵抗力が低い場合があります。そのため、ときにあっというまに重症化してしまうこともあるので、医師の方できちんと見極めて対処することが必要です。

「地域の頼れるお医者さん」は、子どもにとって憧れの対象となる可能性も

診療箇所が絞られていない分、覚えなければならないことは多岐にわたりますが、そのぶん、感謝されることも多い小児科医。小さなころから通っていた子どもが、将来、「先生に憧れて医師の道を志すことに決めました」なんて報告してくれる日もあるかもしれませんね。

関連記事

付き添いの親も大助かり!子どもが診察を怖がらないクリニックはどんな施策をとっているのか

付き添いの親も大助かり!子どもが診察を怖がらないクリニックはどんな施策をとっているのか

クリニック命名での標榜科目のルールとは?

クリニックで使用する「標榜科名」のルールとは?

【小児科医の年収事情】開業すれば年収2,000万円以上を目指せる?

【小児科医の年収事情】開業すれば年収2,000万円以上を目指せる?

「医者は儲かる」はホント?どのくらい稼ぐことができる?

「医者は儲かる」はホント?どのくらい稼ぐことができる?

医療現場エピソードピックアップ