>
>
>
遠隔診療システム「LiveCall(ライブコール)ヘルスケア」の機能・特徴について

遠隔診療システム「LiveCall(ライブコール)ヘルスケア」の機能・特徴について

新型コロナウイルス感染症の拡大により、原則は禁止されていた初診が認められるようになるなど、オンライン診療の需要がさらに増しています。そのため、オンライン診療システムの導入を検討しているクリニックも多いでしょう。今回は、そうしたオンライン診療ツール導入の参考になるよう、スピンシェル株式会社が提供する「LiveCall(ライブコール)ヘルスケア」の機能や特徴をご紹介します。

「LiveCallヘルスケア」の機能

スピンシェル株式会社の「LiveCallヘルスケア」は、同社のオンラインコミュニケーションツール「LiveCall」のプラットフォームを利用したオンライン診療ツールです。同システムは、「予約機能」「ビデオ通話」「決済」など、オンライン診療に必要な機能がオールインワンでそろっています。


「LiveCallヘルスケア」の機能

  • 予約管理
  • 問診票
  • ビデオ通話
  • 決済機能
    etc.

予約機能は、医師側が対応可能な時間のスケジュールを登録すると、患者の予約カレンダーに自動反映される仕組み。また、決済はクレジットカード対応で、予約の数日前に与信をかける形です。

また、「LiveCallヘルスケア」は以下のような特徴を有しています。

アプリ不要で誰でも簡単にアクセスできる

「LiveCallヘルスケア」は、アプリのダウンロードが不要です。ブラウザからワンクリックで登録や予約に進めるので、特別な端末操作は必要なく、誰でも簡単に利用することができます。また、クリニックのウェブサイトにLiveCallのリンクを貼るだけなので、パソコンとインターネット環境さえあれば、手間なくオンライン診療をスタートすることができます。

ブランディングができる

クリニック独自のオンライン診療サービスとしてブランディングできることが挙げられます。患者さんの操作画面に、クリニックのロゴを表示させたり、診療メニューの内容や画像も自由に変更したりできます。ブランディングを行うことで、クリニック独自のオンライン診療サービスとして患者さんに提供することができ、安心感を与えることができます。

安心のセキュリティー

LiveCall上で行われるやりとりは全て暗号化されています。サーバーとの通信はHTTPS/WSSで、ビデオ・音声通話はSRTPで暗号化、第三者による不正アクセスから通話を防御することで、安全な接続を実現しています。また、「LiveCallヘルスケア」の通話システムは、医療分野だけでなく、高いセキュリティーと品質が求められる金融機関や、行政機関などでも多く導入されています。

直感的に操作できるシンプルな操作画面

本システムは使いやすい操作性も特徴です。初めてでも直感的に操作できるよう、ユーザー画面だけでなく管理画面もシンプルで分かりやすい画面となっています。IT知識の有無にかかわらず、誰でも手軽に利用できます。

オプション機能が豊富

基本のビデオ通話以外にも、写真や資料の送受信、画面共有、事前のアンケート機能(問診)、また通話転送機能などのオプションがあります。

「LiveCallヘルスケア」の導入準備・導入に必要な時間

クリニックで準備すること

  • インターネット環境
  • インターネットに接続できるPC、スマホ、タブレット

患者さん側で準備すること

  • インターネット環境
  • インターネットに接続できるPC、スマホ、タブレット

クリニックで用意する必要があるのはインターネット環境とパソコンのみ。登録後は医療機関のウェブサイトにLiveCallのリンクを貼るだけで、すぐにオンライン診療が開始できます。また、患者さんに案内するウェブサイトがない場合は、サイト制作の代行オプションもあり、オンライン診療の受診方法や料金メニューの表示などが可能です。

申し込みから登録までは1週間ほどとなっています。

他ツールとの連携

電子カルテなどとの連携はありませんが、本システムはGoogleアナリティクスと連携可能。トラッキングコードを埋め込み、ページ分析などが可能です。

サポート

電話とメールでのサポートもあるので、システムについて何か不明な点があるときは気軽に問い合わせでき安心です。

電話対応時間

月~金(10:00~18:00)

メールは24時間受付。返事までに時間を要する場合があります。

導入費用

料金は、初期費用10万円、月額費用5,000円~となっています。担当者によると、「導入クリニックにも負担の少ない料金設定にしている」とのことです(現在、新型コロナウイルスの相談窓口を設置する医療機関は初期費用が5万円)。

まとめ

「LiveCallヘルスケア」は、予約から決済までオールインワンタイプのオンライン診療システム。導入や使用方法も手軽で、患者さんもクリニックのHPにある専用URLをクリックするだけと簡単に利用できるのもポイントとのこと。コロナ禍の影響でクリニックに足を運ぶのをためらっている患者さんが増えている昨今。オンライン診療システムを導入する場合は候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

「LiveCallヘルスケア」についての詳細は以下のページを参照してください。

https://livecall.jp/Healthcare/index.html