>
>
医師の年収事情について

医師の年収事情について

医師の年収事情

この記事では、医師の平均年収、開業医・勤務医の年収情報の比較、年齢別の平均年収、診療科目別に医師の平均年収情報を比較をご紹介します。

病院勤務医の平均年収は1490万円

一般病院の国立・公立・公的・社会保険関係法人・医療法人その他すべてを含んだ全体での数字での平均年収でみた場合、勤務医の年収は1490万円(平均給料¥13,229,342+賞与1,679,201=¥14,908,542)でした。

その他に一般診療所と一般病院での勤務医で比較した場合はどのくらい差があるのか、以下調査結果となります。

製品・サービス選びにお困りの方医院開業についてご相談承ります
お急ぎの方はお電話でも承ります 050-5490-0994平日10:00〜19:00

診療所勤務と病院勤務の平均年収の違い

病院・診療所給与賞与合計
一般病院¥ 13,229,342¥ 1,679,201 
¥ 14,908,542
一般診療所¥ 10,208,824
¥ 425,550
¥ 10,634,374

上記の結果、病院勤務医よりも診療所の勤務医の収入が低く約400万円ほどの収入の差があることがわかります。

参考:令和元年調査の「第22回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告」

さらに、以下では各勤務医での年齢別での平均年収情報を比較。

年齢・性別毎の平均年収男性医師女性医師
24歳413.8万円376.1万円
25~29歳557.6万円529.4万円
30~34歳759万円839.6万円
35~39歳1062.3万円935.7万円
40~44歳1193.8万円1135.7万円
45~49歳1463.1万円1224.6万円
50~54歳1640.8万円1637.2万円
55~59歳1655万円1424.9万円
60~64歳1768.4万円1190.6万円
65~69歳1577.1万円1399.9万円
70歳~1492.3万円990.4万円

年齢毎に比較した場合、男性石の場合平均年収が60~64際をピークに、女性医師は50~54歳をピークだということがわかります。

開業医と勤務医の年収情報の比較

さらにクリニック(一般診療所)の開業医と病院の勤務医での年収での比較も調査いたしました。果たしてどのくらい年収に差がでるのでしょうか。

職種平均給与賞与合計(平均年収)
勤務医¥ 13,229,342¥ 1,679,201 ¥ 14,908,542
開業医¥ 27,460,578¥ 164,740¥ 27,625,318

勤務医と開業医での収入の差は1271万円の差があり約1.9倍、勤務医より開業医のほうが収入が高いことがわかりました。

また、診療科目別での医師年収はどの科目が最も高いのでしょうか。

科目別での平均年収も調査しました。

診療科目別 年収情報

順位診療科目平均金額(万円)
1位脳神経外科1480.3万円
2位産科・婦人科1466.3万円
3位外科1374.2万円
4位麻酔科1335.2万円
5位整形外科1289.9万円
6位呼吸器科・消化器科・循環器科1267.2万円
7位内科1247.4万円
8位精神科1230.2万円
9位小児科1220.5万円
10位救急科1215.3万円
11位その他1171.5万円
12位放射線科1103.3万円
13位眼科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・皮膚科1078.7万円

各診療科目で調査した結果、脳神経外科が1位、産婦人科が2位、3位は外科という結果となりました。

また、その他に各診療科目の年収情報については以下の記事にて詳細にご紹介しております。

製品・サービス選びにお困りの方開業コンサルについてご相談承ります
お急ぎの方はお電話でも承ります 050-5490-0994平日10:00〜19:00