>
>
>
クリニックに適したトイレはどのような機能が必要か?

クリニックに適したトイレはどのような機能が必要か?

医療機関において、トイレは重要な施設です。そのため、開業する際は、できれば患者さんが使いやすいトイレを設置したいところですね。そこで今回は、人気のトイレメーカーである『TOTO株式会社』に、「クリニックなど医療施設に設置する」という視点での、「お薦めのトイレ」を教えてもらいました。

トイレはクリニック選びを左右する大事な要素

――トイレは施設の評判につながる大事なポイントだとされていますが、クリニックの場合も同じなのでしょうか?

TOTOでは、2019年度にクリニックを利用する患者さん1,000人を対象にアンケート調査を実施しました。

その中で、トイレや洗面化粧台のきれいさが、クリニック選びを左右することがうかがえる結果となりました。診療科別にも集計していますので、こちらもご参考にしていただければと思います。

TOTO「クリニックの水まわりに関するアンケート調査結果


https://jp.toto.com/ud/data/index.htm

――アンケートではどのような意見が挙げられていますか?

患者さんから要望が高かったトイレの配慮として、清掃が行き届いた(55.7%)、においのない(53.7%)など清潔感に関連する要望が高いことが分かりました。

また、設備としては、荷物置きの配慮(47.1%)、温水洗浄便座の設置(46.0%)、わかりやすい洗浄ボタン(42.6%)が上位に上がりました。洗面化粧台は、自動水栓(52.5%)やお湯が使える(44.9%)などの手洗い設備の要望が高いとともに、ごみ箱の配置(50.4%)、荷物置きの配慮(47.8%)、鏡の設置(44.2%)など、身だしなみを整えることに関連する要望も高いことが分かりました。

――トイレ自体の機能だけでなく、荷物置きや鏡など、手洗い設備も重要なポイントとなるのですね。

クリニックにお薦めのトイレは?

――「クリニックに設置する」という視点で考えた場合、どのようなトイレがお薦めでしょうか?

クリニックにはさまざまな方が来院されます。スペースに余裕があるのならば「多機能トイレ」と「一般トイレブース」を設けることをお勧めします。

「多機能トイレ」においては、乳幼児連れの患者さんにも配慮した機能があると良いと考えます。例えばベビーチェアとフィッティングボードがセットされた「コンパクト多機能トイレパック 乳幼児連れ対応セット」に「ベビーシート」を合わせるとお子さまと一緒にトイレに入れ、おむつ替えにも便利です。

参考:TOTO株式会社「コンパクト多機能トイレパック」

一般トイレブースに「大きめの洗面器」と「カウンター」があれば、荷物を置いてしっかり手洗いできます。さらに、弊社のトイレには「きれい除菌水(※注1)」という除菌効果のある水でノズルやボウル内をきれいにする機能があり、清潔に使用していただけるという特徴もあります。


※上記はスティックリモコンパブリックタイプの「ネオレストAH(左)」「ネオレストRH(右)」という商品です

参考:TOTO株式会社「ネオレストAH・RH・DH 機能と特長」

また、トイレの外に単独で洗面コーナーを設けることで、こまめに手洗いができます。

※上記は、「スタンダードボウル一体タイプ(MH50)」という商品です。ボウルとカウンターが一体成形で清掃がしやすく、衛生的なオーバーフロー穴なしも選べます。

参考:TOTO株式会社「スタンダード(ボウル一体タイプ)」

洗面所では、非接触で衛生的な「アクアオート(自動水栓)」「オートソープディスペンサー」がお勧めです。

参考:TOTO株式会社「自動水栓 アクアオート」

参考:TOTO株式会社「オートソープディスペンサー」

――こうした「使う人のことを考えた」トイレを設置すれば、患者さんからの評価の底上げになるかもしれませんね。ありがとうございました!

開業の際はトイレ選びまで頭が回らないかもしれませんが、TOTOさんのアンケート結果にもあるように、トイレはクリニックの評価につながる大事なポイント。スペースやコストとの兼ね合いもあるかもしれませんが、できれば患者さんの使い心地を考えて、機能性の高いトイレを設置してはいかがでしょうか。

取材協力:TOTO株式会社

https://jp.toto.com/

※注1……きれい除菌水について

「きれい除菌水(※1)」は、水(※2)に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる除菌成分(次亜塩素酸)を含む水です。薬品や洗剤を使わず、水から作られます。時間がたつともとの水に戻る(※3)ので環境にやさしいのが特長です。

※1 試験機関:(一財)北里環境科学センター 試験方法:電解水の除菌効力試験 除菌方法:電解した水道水と菌液を混合し除菌効果を確認 試験結果:99%以上(実使用での実証結果ではありません)効果効能:「きれい除菌水」は、汚れを抑制するもので清掃不要になるものではありません。使用・環境条件(水質や対象物の材質・形状など)によっては、効果が異なります。水道水を除菌したという意味ではありません。

※2 水道水および飲用可能な井戸水(地下水)です。

※3 試験機関:(一財)日本食品分析センター