>
>
>
患者さんの満足度アップにも貢献? エアカーテン導入のメリットとは

患者さんの満足度アップにも貢献? エアカーテン導入のメリットとは

「エアカーテン」は、強力な風を噴射してカーテンを作る製品です。飲食店やスーパー、工場、コンビニなどさまざまな施設で導入されていますが、医療施設でも数多く導入事例があります。では、エアカーテンを導入することでどのようなメリットが得られるのでしょうか?

ドアの開閉に伴う熱損失が減らせる

エアカーテンの設備事業を行っている『株式会社トルネックス』に導入するメリットを聞いたところ、まずは「温度対策」が挙げられるとのことです。

例えば、暑い夏の日に冷房で部屋をよく冷やしたり、暖房で十分に暖めたりしても、何度も部屋を出入りすれば冷たい空気や熱気が外に逃げてしまいます。特に冬場は屋内と屋外との気温差が大きいため、熱気が逃げるだけでなく冷たい外気が足元から一気に入ってしまいますよね。

クリニックの場合も同じです。特に患者さんの出入りが多ければ多いほど空気が逃げ、待合室の温度が変わります。しかし、エアカーテンがあれば、空気の流れを止めることができるため、冷暖房時の熱損失を減らすことが可能。冬は暖く、夏は涼しい状態を維持しやすくなります。

温度が変化すると快適さも失われます。特に病気で苦しんでいる人は温度変化に敏感ですから、できるだけストレスなく待合室で過ごしてもらうためにも、エアカーテンは役立ってくれるのです。

季節によっては害虫対策にもなる

医療施設にとってハエなどの虫が飛んでいるのは衛生面で避けたいところ。風の幕を作り出せるエアカーテンは、害虫の侵入を防ぐという効果もあります。トルネックス社の製品には、風で侵入を防ぐだけでなく、フマキラーの『ウルトラベープPRO』を用いた「防虫エアカーテン」という製品があります。忌避剤の成分がエアカーテンで広がり、害虫の侵入を防ぎます。

防虫エアカーテン

気になる導入費用や電気代は……

実際に導入する場合、株式会社トルネックスでは、問い合わせ後に取り付け場所の確認を行い、見積もりを出します。金額がOKなら工事を開始するという流れで、問い合わせから稼働まではスムーズに進めば3週間ほどだそうです。

また、導入費用については、機器と工事費でだいたい20~30万円ほど(導入する機器のタイプやサイズ、機能で値段は変わります)。こうした大型の機器は電気代が気になるところですが、高くても月々数百円とのこと。

エアカーテンの種類や機能も、前述の防虫タイプのものや自動ドアの開閉に連動して作動するタイプなどさまざま。導入する場合は、サイズはもちろん、用途に応じて選ぶといいでしょう。

エアカーテン導入のメリットや導入のプロセス・費用などをまとめてみました。出入りによる温度変化を軽減し、害虫の侵入を防ぐと、医療機関にとってはありがたい効果を有しています。実際に導入している病院もありますから、患者さんの快適さを保つためにも、開業の際には導入を検討してみてはいかがでしょうか?

取材協力:株式会社トルネックス