0:00/0:00
>
>
>
クリニックHPをはじめとしたweb集患対策について

クリニックHPをはじめとしたweb集患対策について

会員限定

クリニック公式サイトは「web上のクリニックそのもの」であり「24時間働く営業マン」です。

そうとらえたら必然的に、どのようなwebサイトが「よくないサイト」であるかわかるでしょう。

具体的には、

  • 「Googleマイビジネスなどでわかる程度の情報しかない」
  • 「来院には予約が必要なのか不要なのかなどが明記されていない」
  • 「疾患や治療に対してのコンテンツが充実していない」
  • 「強みや特徴がわからない」
  • 「リアルと大きくかけ離れている」
  • 「使いにくいシステムを導入している」

などが挙げられます。

まず改善したいポイントとして以下が挙げられます。

  • 「強みや特徴をしっかりと記載する」
  • 「web予約を導入する」
  • 「それぞれの疾患に対して5,000~1万5,000文字程度の記事を記載する」
  • 「来院フローを明確にする」

自院での原稿作成が難しい場合はライターに依頼するのでもよい。SEO対策としては、「Googleはアルゴリズムを常にアップデートする」「年に数回のコアアルゴリズムアップデートのときに順位が変動する傾向をチェックする」などのポイントが挙げられます。

また、タイトルタグやメタディスリクプションタグの設定など、すぐにできるSEO対策もあります。

基本は、クリニック名、エリア、診療科目、特徴などを入れて構成すればOK! 

「土日診療」「自費診療に力をいれている」なども強みとなるのでタグに入れて、どんな病院なのかをしっかり伝えるとよい。また、内部リンクの最適化をはかることも大切。GoogleAnalalytics、Searchconsoleに関しては、必ず導入しましょう。

将来的にサイト改善する際にもこの2つのデータが必須となります。MEO対策に関しては、「入力できる箇所はすべて入力する」「住所の表記はHPと完全に一致させる」「ビジネス名は正しいものを入力」などに気を付けましょう。また、写真の投稿やイベント投稿は2週間に1回を目安に積極的におこなうことが望ましい。