0:00/0:00
>
>
>
既存運営クリニックの患者動向分析とアプローチ

既存運営クリニックの患者動向分析とアプローチ

会員限定

この動画は、2021年2月24日に配信された「専門家が最新アプローチを教えます!クリニックの[集患・増患]術オンラインセミナー」の配信動画を一部編集し公開しております。

集患のためには、新規開業時だけでなく、継続的にwebを活用することが必要である。SEO・MEO対策を考えることはもちろんだが、さらなる集患を目指すなら、ぜひ活用したいのがクラウド型電子カルテ「クリアス」。

月次サマリー、患者分析、医師別処方統計、傷病分析などのツールを使うことで、「自院に足りていないところ」「改善できるところ」がよくわかるからだ。また後半では、ゼロフェニックスコンサルティングジャパン株式会社 代表取締役CEO川畑優氏が視聴者からの質問に回答。

「MEO対策において気を付けるべきことは?」に対しては、「テキストのべた張り」をNG例として紹介。

自院のPRポイントと患者のニーズ、両方を考えたテキストを考えることの大切さについて語った。さらに、この日のセミナーのまとめとして、「今できる対策」を紹介。「使用している広告ツールの洗い出しおよび整理」「広告禁止事項に当たる内容が含まれていないかの見直し」「webサイト上のSEO不備やMEOへの仕掛けの見直し」「医療広告ガイドライン事例、Q&A集などで確認」を挙げた。